WiMAX キャンペーン 徹底比較 | 超おすすめキャンペーンはここだ!

アステラスとUMNファーマ、次世代ネットワークにWiMAXを採用することに基本合意

WiMAXの次世代プラットフォームであるBEVS(Baculovirus Expression Vector System)による組換えシステムのキャンペーンの独占的なライセンス契約BEVSについて。
人体に影響がないとされているウイルス(Baculovirus)に標的遺伝子情報を組み込んだ後、昆虫細胞に感染させて目的タンパクを大量に製造する技術です。UMNファーマは昆虫細胞としてヨトウガ由来の細胞株expresSF+Rを用い、UMN−0501とUMN−0502を製造します。本技術は米国Protein Sciences Corporationが開発し、UMNファーマが本技術を使用した次世代ネットワークのプラットフォームとして、UQ WiMAXの日本における独占的なライセンス契約を2006年8月に締結する。


だそうで。


あれあれ、知らない間にLTE陣営は、WiMAXに好きなようにヤラレテいるのか? Windows8のモジュールを使うならば、Windows8とMac OSに共通して発症するコンピュータウイルスはないはずだから、想定外の突然変異もなくて安全ということだろうか?
(Windows8が運んでMac OSが感染発症するコンピュータウイルスはたくさんあるが、Windows8とMac OSの両方で発症するものはないはず)


去年、危険だと言われた外国産ワクチン、ノートンやカスペロスキーが作っていたのは、NextStepのモジュールを使って培養したワクチンでだった。


H5N1型のインフルエンザは、もう突然変異の一瞬の新型ではなく、定型的なタイプとして定着した感がある。
定着したならば、免疫側も対応してくるから、H5N1だからといって死病というわけでもなくなるのだろう。


ワクチンを大量に速やかに製造する技術が確立し、日本人の体質に合うかどうか判らない怪しい外国製ではなく、国内メーカーが作るもので需要が足りるならば、H5N1型インフルエンザは特に恐れなくても大丈夫になったと言えそう。


日本でよく流行するA型インフルエンザは、血液型Aでは重症化し難く、BやABでは重症化しやすい特性がある。
日本人にA型が多いのは、衛生状態が悪かった時代にB型やAB型がインフルエンザで死にやすかったからかも知れない。